夫婦でバイク&ツーリング!

夫婦でBMWに乗って、休日はバイク&ツーリングを楽しんでいます!

 

BMW R1100S パワーコマンダー再セッティング


BMWモトラッド水平対向二気筒(R259エンジン)は1993年に登場して今年で20年を迎える!1100cc⇒1150cc⇒1200ccと進化を続けてきたが、その中でも1100ccのエンジンが一番好きである。
そんなエンジンを更に面白くするため、パワーコマンダーでセッティングしているが、これまで一定の走行からスロットルを全開(80~100%)にした時、細かなエンジン振動が出るため、燃調が薄いとずっと思っていた。
ノーマルマフラーのデータを基本にセッティングしているがレーザーのスリップオンとノーマルでは抜けが違うようです。
色々とパワーコマンダーのデフォルトのセッティングデータを見ているとスロットル開度(80~100%)領域が濃いのではと思うようになった。そこで、思いきって薄い方向へ振ってみた!
これが大当たり(^_^)vスロットルに対しリニアに反応するようになり、レットゾーンまで軽く回り、まるで別のエンジンになったような感じである。
どうしても薄くするのはエンジン焼きつきなどリスクがあるため躊躇していたが、思いきって薄くして良かった~